ダイヤリー

10月, 2021年

地車庫工事(後編その2)

2021-10-07

こんにちは、こんばんは。

その2という事でシツコイですが短くまとめます。

クロスが仕上げられ、建具を調整中の写真です。

クロスと色味を揃えていて、違和感なく取り付けられています。

カラーコーディネーターではないので、めちゃ迷いましたがカッコよく仕上がって良かったです。

植栽スペースを作ってくれたので、蘇鉄(ソテツ)をプレゼントしました。

ソテツは寺社や庭園などに植えられていますね。

白い壁といぶし瓦屋根によく合います。

欅(けやき)製の看板を取り付け完成。

だんじりを彫刻した木彫山本氏の手により力強く彫られています。

ガラスコーティングされていて、雨ざらしでも数年間はピカピカだそうです。

すご。

5.5m下に光だまりを作る特殊ダウンライト

中から外へ向けた照明は、だんじりを眺める際に眩しく不快になるため設けておらず、庫屋の外は結構暗めです。

その環境こそが美しさを引き立たせます。

器具が見えないよう両袖からだんじりに向かってスポット照明を左右に2台ずつ、合計4台の照明でライトアップされた優雅なだんじり。

岸和田人の感性をくすぐりますね。笑

地車庫工事(後編その1)

2021-10-01

こんにちは。

ブログ投稿、忘れがちで💦

さて、後編。

前編でご紹介した軒や破風と同じくらい瓦の仕様にも、かなりこだわりました。

大屋根は4寸でもなく5寸でもない、4寸5分勾配の切妻屋根。

改質アスファルトルーフィングは2重張り。

瓦は、一般的な袖瓦を使用せず横車にしました。

丸伏せ見せ掛け袖瓦(通称横車)

これは以前のだんじり庫屋も横車でしたのでそのスタイルを踏襲しております。

その他、5寸紐丸瓦2列+桟瓦(切落)に万十軒瓦、棟巴、土居面戸瓦、のし瓦2・8段に丸桟伏間、影盛台付跨鬼瓦6寸で構成されています。

鬼瓦の台には波が、鬼瓦は雲が刻まれています。

新調だんじりも懸魚には波、鬼板には雲が彫刻されています。

ちなみに新影盛という鬼瓦には波が刻まれていますが、あえて影盛(雲)を選択しました。

台に波が刻まれていますからね。

雲部分が吹き出している鬼瓦が影盛(かげもり)です。

低い方の長い庇は、大屋根と同じ仕様で瓦葺きが施されており、正面の庇は仕様を変えています。

袖瓦(切落)+桟瓦(切落)、石持萬十軒瓦、2段のし、土居面戸となっています。

だんじり庫屋を眺める角度によって雰囲気を変える為に変化を持たせました。

低い長い庇の下には、新調だんじりやだんじり庫屋新築のご寄付ご芳名板をかける予定です。

では屋内へ。

後梃子の台。移動式です。

2本あるので、床の間の刀のように二段置き飾れるようにしています。

メインの照明は、巨大なダウンシーリング。

7m下の土間までしっかりと照度を確保しております。

提灯などを収納がてらディスプレイ。

3階に上がるタラップは、上(天)に蛇行しているかのような蛇をイメージしてデザインしました。

町内に蛇を祀った神社があり、新調だんじりにも彫刻されている事から、だんじり庫屋にもこっそり取り入れました。

このタラップを登れば、16.5㎡(10帖=ten)の3階があります。

だんじりの蛇の彫刻。



大阪府岸和田市の注文住宅・新築・リノベーション|有限会社サンケンエンジニヤリング
有限会社サンケンエンジニヤリング
  公益社団法人大阪府建築士会正会員  大阪府知事許可(般-25)第135626号
本社 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-40-1303 TEL 06-6241-6678 FAX 06-6241-6679
岸和田営業所 〒596-0832 大阪府岸和田市極楽寺町570 TEL/FAX 072-426-3018

Copyrights © 有限会社サンケンエンジニヤリング All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載
page top