地盤調査

地盤調査

点ではなく面での調査

住宅地盤調査として広く行われている
スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)と
表面波探査による地盤調査との大きな違いは、
点ではなく面で調査していることにあります。

表面波探査式地盤調査方法は地面をゆらして、
その“ゆれ”の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。
データの変化から、地層の境界を読み取り、
各層に支持力がどのくらいあるのかを判断します。

従来のSS試験は先端がスクリューになったロッドを回転させながら、
25cmごとに地面に貫入させていきます。この回転数により、
地盤の硬軟を判断する方法です。
25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかがわかります。

地盤調査

表面波探査法による地盤調査サービスの特徴

表面波探査法による地盤調査サービスの特徴

大阪府岸和田市の注文住宅・新築・リノベーション|有限会社サンケンエンジニヤリング
有限会社サンケンエンジニヤリング
  公益社団法人大阪府建築士会正会員  大阪府知事許可(般-25)第135626号
本社 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-40-1303 TEL 06-6241-6678 FAX 06-6241-6679
岸和田営業所 〒596-0832 大阪府岸和田市極楽寺町570 TEL/FAX 072-426-3018

Copyrights © 有限会社サンケンエンジニヤリング All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載
page top