ダイヤリー

1月, 2018年

2つの建物

2018-01-23

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

サムネは、現場に足を運んだ際に、思わず青すぎる空を撮影してしまったものです。
(投稿内容とは関係ありません。汗)

さて。久しぶりの更新となりました・・・。

岸和田市はK様邸木造住宅新築工事の様子からどうぞ。


↑基礎完了しました。美しいです。


↑土台敷き。


↑床用断熱材。FUKUVIのフクフォームEcoです。厚み80㎜あり、施工性/断熱性に優れた建材です。


↑天気の心配もなかったので、1階部分を建て方前に先立ち、前組みしました。

建て方時は、敷地内に材料の仮置きやレッカー車のスペースが必要なため、前組みしておいて良かったです。

1階部分の材料だけでもかなりスペースが必要になりますからね。


↑仮設足場も建て方前に先行して完了。


↑建て方当日。


↑7人の大工さんたちのおかげで、あっという間に野地板(屋根)まで上がりました。


↑母屋部分には、通常かすがいを打ちますが、弊社ではコーナープレートを取り付けることがよくあります。

かすがいとは、告示第1460号(い)適合金物ですが、コーナープレートは、(は)に該当するため、1ランク強度が上がります。


↑ケラバが1,365(1m36.5cm)も持ち出しているため、わかりにくいですが連続して金物で補強しております。

屋根材は、最も軽量のガルバリウム鋼板ですから、重みで垂れる心配は考えにくいですが、吹き上げてくる風の影響が懸念されるため、20.9KN対応のホールダウン金物を使用しております。


↑建て方完了し、年末年始の長期休暇に入るため、耐風対策としてメッシュシートをたたんでおります。


↑屋根工事に先立ちアスファルトルーフィングが張られています。

3面交点が弱点となり、雨漏りの原因になりますから、防水気密テープで丁寧に防水層を作っておきます。


↑屋根板金(ガルバリウム鋼板立て平葺き)完了。

続いては、同市S社様の鉄骨造倉庫新築工事です。


↑同じ板金屋根でもこちらは折板(せっぱん)屋根。

KOIKE興産のルーフ88を使用しております。


↑外壁も板金で長尺の角波(かくなみ)を使用しています。

こちらもKOIKE興産のKW側壁を使用しています。


↑足場解体後。


↑木製下地を施工し、OSB合板で仕上げされた区画は1階の水廻りスペースです。


↑床は木目調の長尺シート張り。


↑2階のミーティングルームは、木製下地+プラスターボード+クロス仕上げとなります。


↑スチール+ガラスで構成されたミーティングルームと倉庫部分の間仕切り壁。

こちらも、OSB合板で壁を仕上げています。

まだガラスは入っていません。フレームの塗装、その他照明器具等も未了です。



大阪府岸和田市の注文住宅・新築・リノベーション|有限会社サンケンエンジニヤリング
有限会社サンケンエンジニヤリング
  公益社団法人大阪府建築士会正会員  大阪府知事許可(般-25)第135626号
本社 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-40-1303 TEL 06-6241-6678 FAX 06-6241-6679
岸和田営業所 〒596-0832 大阪府岸和田市極楽寺町570 TEL/FAX 072-426-3018

Copyrights © 有限会社サンケンエンジニヤリング All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載
page top