ダイヤリー

4月, 2016年

新築工事レポ~造作~

2016-04-27

こんにちは(^_^)

今日は、堺市東区N様邸新築工事のレポです。

ただいま造作工事の真っ最中で、完成に向けて工事が進められております。

職方さん、頑張ってくれてありがとうございますm(_ _)m

DSCN5472
↑バルコニーの防水層が完了です。こちらはFRP防水の2プライ工法です。

トップ(上塗り)はまだ施工されていません。外壁が完了してから施工します。

DSCN5477
↑外壁の防水シート。貫通部はウェザータイトを使用し、止水性(防水性)の向上を図ります。

IMG_8806.JPG
↑APM工法を採用しておりますので、防水シートはエアーパッセージシートという正式名称があります。

軽量モルタル塗りの壁で、湿式工法ですが通気がとれる画期的な工法です。

IMG_8802.JPG
↑通気がとれるAPM工法。

DSCN5490
↑サッシ周りの防水処理。

DSCN5621
↑ラス工事の様子。

DSCN5622

屋内は・・・。

DSCN5630

DSCN5629

DSCN5610
↑グラスウール断熱材が隙間なく充填されています。

グラスウール断熱材は、優れた性能を持ちコスト面でも◎

上記のことから、一般的によく使われていますが湿気には要注意です。

施工によって大きく性能に差が生じてしまう、割と神経質な断熱材でもあります。

ですから見た目は良くないですが、隙間が生じやすい部分には断熱材を充填した後に機密テープを張っています。

断熱層と防湿層を連続させるためと防湿層の中に湿った空気を流入させないのが目的です。

こうしてあげると、持っている性能を発揮できるでしょう。

断熱材に限らず、いろいろな材料や工法が多種多様存在する時代であります。

大げさですが、長所と短所をよく学び、モノづくりしていく。

これが私の責任でありますから(^_^)

4.14 KUMAMOTO

2016-04-20

この度の震災のこと、被害の大きさに未だ信じられない驚きであります。

被害を受けられた皆様には、お見舞いを申し上げるとともに一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

私は熊本県阿蘇郡西原村で生まれました。

こちらは、母方の実家があります。

西原村は、一連の度重なる地震により甚大な被害を受けております。

母の実家は、かろうじて倒壊を免れたものの、応急危険度判定士※により『危険』の赤色ステッカーが張られているとのことです。

母の実家は、事実上もう住むことができないと考えます。

母の実家・・・懐かしい。

確か最後に行ったは私が小学生の頃以来かな・・・。

母は七人兄弟の一番末っ子で。

たくさんの兄弟、そしてその家族たちは・・・。

家が完全に倒壊してしまった伯父さん宅や、避難所の駐車場で車中生活を送っている伯母さん。

熊本市内のマンションで、家の片づけに追われている従兄弟のお姉ちゃん。

私の身内では幸い、命を落とした人はいませんが・・・。

こうして身内が被災して初めて気付いたことがあります。

一連の地震が収束して報道から熊本のニュースが消えたとしても、被災した人々の心の傷は生涯消えることはないということです。

本当に必要なのは、私たちの思いやる姿勢が継続的であること。

被災された人々の心の傷が少しでも浅くなっていくことにつながるとしたら、継続して支援することなんだと思いました。

これからが大変です。

できるなら、現地へ行き片づけの一つでも手伝ってあげたいですが、今は私もこちらでやらなくてはいけないことがあり少し無理があります。

仕事が落ち着けば、必ず現地へ行きたいです。

ここ大阪から熊本のみなさんのことを思っています。

(※応急危険度判定士とは、事前に各都道府県で開催されている講習会を受講し、認定されている建築士のことです。
判定士は登録されており、災害が起こると都道府県知事から要請を受け現地へ派遣されます。
その目的は、被災建築物の使用にあたっての危険性を情報提供し、被災後の人命にかかわる二次的災害を防止することとされています。
調査方法は、マニュアルに従って建物の沈下・傾斜・または構造躯体の被害のいずれかに対して1つ以上のCランクがある場合『危険』と書かれたステッカーを張ります。
私も、大阪府の応急危険度判定士に登録されています。
こんな私でもお役にたてれば本望ですが、要請が来ないことを祈っております。)

和室のリノベーション~After~

2016-04-13

こんにちは~!

ようやく完了しました、和室のリノベ。汗っ

前回、このブログでもご紹介しました岸和田市M様邸の件。

内障子を新調・畳を新調・ふすま張り替え・床張り替え・塗り壁からクロスへ・そして塗装・・・。

ガラッと変わりました!

まさにリノベーション。

それではさっそくどうぞ~!!

DSCN5529

DSCN5515

DSCN5518

DSCN5520

DSCN5528

DSCN5524

DSCN5526

写真は少ないですが、アップできて良かったです(*^_^*)

ちなみに、工事前のリンクを張っておきます⇒和室のリノベーション~Before~

↓↓こちらは5月の連休明けから着工が決まっております岸和田市Y様邸。
DSCN5506

DSCN5507

DSCN5508

DSCN5509

DSCN5511

DSCN5512

こちらも、完成が楽しみです(*^_^*)

数ある同業者様の中から、私と出会い、私を選んでくださり感謝申し上げます。

完成後に、再度笑顔を見せてくださるよう頑張ります。

上棟

2016-04-01

こんにちは!

すっかり春日和(^_^)

堺市東区N様邸新築工事。先週ついに上棟しました。

N様、本当におめでとうございます。

振り返れば長い道のりでした。

これからもより末永くお付き合いさせて戴くため、全身全霊を捧げマイホームづくりさせて戴きます
m(_ _)m

DSCN5385

DSCN5389

DSCN5392

DSCN5394

DSCN5393

DSCN5398

DSCN5399
↑朝から懸命に作業してくださった7名の大工さんたちの手により、それはそれは立派な姿を現してくれました。

7名の大工さん。私が、大工時代にお世話になった方々ばかりで。

今回はN様邸の大工棟梁を務める井上大工さんを通して集まってくれました。

中には久しぶりにお話しできた方もいて。

大きい家にもかかわらず、手慣れた手つきで作業も遅れることなく無事に上棟でき、また無事故で追われたことにとても感謝の気持ちでいっぱいです。

〝建築〟を介して大切な人に・・・といった弊社の理念。

大切な人とは・・・。

お施主様はもとより、身近でこうして活躍してくれる職方さんたち・・・。

改めて理念の深さに気付かされました。

弱小な私が今、こうしたプロジェクトを依頼され遂行すること。

チャンスを与えてくれた全ての方々に感謝し、存続していかなければなりません。

理念に習い、理念の基に。



大阪府岸和田市の注文住宅・新築・リノベーション|有限会社サンケンエンジニヤリング
有限会社サンケンエンジニヤリング
  公益社団法人大阪府建築士会正会員  大阪府知事許可(般-25)第135626号
本社 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-40-1303 TEL 06-6241-6678 FAX 06-6241-6679
岸和田営業所 〒596-0832 大阪府岸和田市極楽寺町570 TEL/FAX 072-426-3018

Copyrights © 有限会社サンケンエンジニヤリング All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載
page top