ダイヤリー

Archive for the ‘ダイヤリー’ Category

星に願いを

2017-07-07

こんにちは。

九州の福岡県と大分県の一部の地域に非常に激しい雨が降り、甚大な被害が出ておりますこと。

避難を余儀なくされている方々へ、ここ大阪からお見舞い申し上げます。

また、現地で懸命に救援活動されております自衛隊員には、同じ日本人として感謝申し上げます。

この一連の災害。発達した梅雨前線の影響だとか。

『・・・雨。』

少し考えてみる・・・。

日本は国土の3分の2が森であるといわれています。

海や川や山脈に囲まれ、その美しい自然が生む光と影。

普段は穏やかに流れる川も、稀にみる豪雨となれば支流から水を集めて川は氾濫し、土砂と共に集落へ。

日本特有の豊かな自然が、皮肉にも災害に直結するのでしょうか?

現代の人々は、先人たちが残した過去の災害記録に倣い、知恵と技術で今日まで自然と共存してきた背景があります。

しかし近年、その予想をはるかに上回るほど、私たちは自然形態を変化させてしまったのか?

・・・。学者じゃないので、さっぱりわかりません。

が、単なる嘆きにならないように。

子どもたちや孫たちに美しい自然を、地球を、残していくため私たちがやらなければならないことを、いま全力でやるしかないと痛切に感じます。

美しい自然たちが、美しい姿でいられるように。

末永く共存していけるように。

壊さないように。

梅雨空の向こうの太陽に夏を感じ・・。

2017-06-30

こんにちは。

大阪は、梅雨も本格化してきまして。

この時期特有の気候を感じながら、今日はいろいろと載せていきたいと思います。

※サムネイルは、izumi-show room内にある私の書斎です。

さて。まずは、izumi-show roomから施工中の様子をご紹介。


↑玄関土間に割石を施工中


↑目地セメントを施工中


↑余分な目地セメントをふき取り完了


↑続いては、花壇の下地の様子です。

こちらは、CP型ブロック塀の控え壁を利用し、花壇とします。


↑モルタルで造形していきます。

続きはまた次回に。


↑八尾市のK様邸です。

こちらは4月から打ち合わせを重ねていて、現在は設計が終わり、お見積りも終盤で細かな最終調整といったところです。

10坪程度の平屋のおうちですが、内外のほとんど全てを改修します。

続いては。


↑KENTEN2017 に行ってきました。


↑いろいろな展示会が同時開催していて、招待状が必ず届くので毎年足を運んでいます。

会場で行われるセミナーも目的の1つです。


↑続いては、岸和田市K様邸の新築予定地での打ち合わせ。

前面道路が2.35mしかなく、最大でも3.245mしかありません。

こちらは、建築基準法第43条第1項ただし書き道路で、道路状空地を確保するため、道路中心から2mの敷地後退があります。

消防車が入って行きにくいため、建物は防火構造としなければなりません。

去年の秋頃にK様からご依頼、ご指名を承りまして設計・施工を弊社で一貫して執り行うこととなりました。

ご実家がある敷地を分筆し、その後建築するという流れでした。

敷地設定の件で、土地家屋調査士さんと共に今日まで動いてきました。

いくつもの難関を乗り越え、現在は敷地設定も完了し、設計も終盤。

お見積りに入れるかというところまで進んで参りました。

そして。

8月には、岸和田市S社様の本社倉庫が着工予定です。

こちらは、S造(鉄骨造)の総2階建てになります。

・・・今日で6月も終わり、明日から7月に入ります。

幼稚園から息子(次男坊)が、ササを持って帰ってきました。


↑驚きました。でも、ありがたいです。

あけましておめでとうございます

2017-01-10

新年あけましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

去年の11月に上棟したizumi-showroomですが、着々と進んでおります。

春に完成し、皆様にお披露目できることを楽しみにしております。

夢追い人・・・。

これからも建築人であり続ける!

素晴らしい一年になりますように!

SRで触って体感・・・

2016-09-05

皆様こんにちは(^_^)

9月に入りまして、暑さも和らぎましたね。

そして、久々のブログ更新となりました。

昨日は、岸和田市内では試験曳きと呼ばれるだんじり祭りの曳行がお昼から行われ、少しですが拝見させて戴きました。

私も岸和田男児ですので、だんじりを見ると血が騒ぎます。汗っ

旧市は、お城を背景に紀州街道をペースの良い太鼓に合わせて走るだんじりが絵になります。

どの町見ても渋い!もちろんやり廻しも間近で見ました。

子ども達も大興奮でした(^_^)

私の地元は、南北に長い岸和田市のちょうど真ん中付近に位置します、東岸和田と呼ばれる地区です。

すぐ隣は貝塚市。

地元のだんじり祭りは、10月に行われます。

今年から、とある町の献灯台へ地元の一般企業として寄付させて戴き、ちょうちんを掲げさせて戴いております。

提灯

はい。

だんじり祭りのお話はここらへんにしておき、先日モデル邸分の家具を見学して参りました。

DSCN6088

DSCN6087

DSCN6086

DSCN6085

DSCN6089

DSCN6092

DSCN6091

DSCN6090

モデル新築工事のコンセプトは、『Resort・Classical・Modern』の融合です。

設計段階で色々と家具を選定しておりまして、今回は実際にショウルームへ行き見学となりました。

かっこいいなぁ~(*^_^*)・・・しかしお値段もかなり男前でした。汗っ

新築工事の着工予定は、10月中頃の予定です。

構造×design×暮らす(生活)=どれも大切。それぞれにバランスよく重点をおきました。

デザインのみで成立した奇抜な家(今流行の~ハウス)も個性があって良いとは思います。

個人的にも好きなのですが、正直冒険はしませんでした。涙っ

見た目は至ってシンプルに。でも、かなり期待しております。

構造はもちろん弊社推薦のAPS工法です。

詳しくは⇒APS工法をcheck!

これからも引き続き、情報を発信して参ります。

4.14 KUMAMOTO

2016-04-20

この度の震災のこと、被害の大きさに未だ信じられない驚きであります。

被害を受けられた皆様には、お見舞いを申し上げるとともに一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

私は熊本県阿蘇郡西原村で生まれました。

こちらは、母方の実家があります。

西原村は、一連の度重なる地震により甚大な被害を受けております。

母の実家は、かろうじて倒壊を免れたものの、応急危険度判定士※により『危険』の赤色ステッカーが張られているとのことです。

母の実家は、事実上もう住むことができないと考えます。

母の実家・・・懐かしい。

確か最後に行ったは私が小学生の頃以来かな・・・。

母は七人兄弟の一番末っ子で。

たくさんの兄弟、そしてその家族たちは・・・。

家が完全に倒壊してしまった伯父さん宅や、避難所の駐車場で車中生活を送っている伯母さん。

熊本市内のマンションで、家の片づけに追われている従兄弟のお姉ちゃん。

私の身内では幸い、命を落とした人はいませんが・・・。

こうして身内が被災して初めて気付いたことがあります。

一連の地震が収束して報道から熊本のニュースが消えたとしても、被災した人々の心の傷は生涯消えることはないということです。

本当に必要なのは、私たちの思いやる姿勢が継続的であること。

被災された人々の心の傷が少しでも浅くなっていくことにつながるとしたら、継続して支援することなんだと思いました。

これからが大変です。

できるなら、現地へ行き片づけの一つでも手伝ってあげたいですが、今は私もこちらでやらなくてはいけないことがあり少し無理があります。

仕事が落ち着けば、必ず現地へ行きたいです。

ここ大阪から熊本のみなさんのことを思っています。

(※応急危険度判定士とは、事前に各都道府県で開催されている講習会を受講し、認定されている建築士のことです。
判定士は登録されており、災害が起こると都道府県知事から要請を受け現地へ派遣されます。
その目的は、被災建築物の使用にあたっての危険性を情報提供し、被災後の人命にかかわる二次的災害を防止することとされています。
調査方法は、マニュアルに従って建物の沈下・傾斜・または構造躯体の被害のいずれかに対して1つ以上のCランクがある場合『危険』と書かれたステッカーを張ります。
私も、大阪府の応急危険度判定士に登録されています。
こんな私でもお役にたてれば本望ですが、要請が来ないことを祈っております。)

1 / 3123


大阪府岸和田市の注文住宅・新築・リノベーション|有限会社サンケンエンジニヤリング
有限会社サンケンエンジニヤリング
  公益社団法人大阪府建築士会正会員  大阪府知事許可(般-25)第135626号
本社 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-40-1303 TEL 06-6241-6678 FAX 06-6241-6679
岸和田営業所 〒596-0832 大阪府岸和田市極楽寺町570 TEL/FAX 072-426-3018

Copyrights © 有限会社サンケンエンジニヤリング All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載
page top