ダイヤリー

Archive for the ‘新築’ Category

地車庫工事(後編その2)

2021-10-07

こんにちは、こんばんは。

その2という事でシツコイですが短くまとめます。

クロスが仕上げられ、建具を調整中の写真です。

クロスと色味を揃えていて、違和感なく取り付けられています。

カラーコーディネーターではないので、めちゃ迷いましたがカッコよく仕上がって良かったです。

植栽スペースを作ってくれたので、蘇鉄(ソテツ)をプレゼントしました。

ソテツは寺社や庭園などに植えられていますね。

白い壁といぶし瓦屋根によく合います。

欅(けやき)製の看板を取り付け完成。

だんじりを彫刻した木彫山本氏の手により力強く彫られています。

ガラスコーティングされていて、雨ざらしでも数年間はピカピカだそうです。

すご。

5.5m下に光だまりを作る特殊ダウンライト

中から外へ向けた照明は、だんじりを眺める際に眩しく不快になるため設けておらず、庫屋の外は結構暗めです。

その環境こそが美しさを引き立たせます。

器具が見えないよう両袖からだんじりに向かってスポット照明を左右に2台ずつ、合計4台の照明でライトアップされた優雅なだんじり。

岸和田人の感性をくすぐりますね。笑

地車庫工事(後編その1)

2021-10-01

こんにちは。

ブログ投稿、忘れがちで💦

さて、後編。

前編でご紹介した軒や破風と同じくらい瓦の仕様にも、かなりこだわりました。

大屋根は4寸でもなく5寸でもない、4寸5分勾配の切妻屋根。

改質アスファルトルーフィングは2重張り。

瓦は、一般的な袖瓦を使用せず横車にしました。

丸伏せ見せ掛け袖瓦(通称横車)

これは以前のだんじり庫屋も横車でしたのでそのスタイルを踏襲しております。

その他、5寸紐丸瓦2列+桟瓦(切落)に万十軒瓦、棟巴、土居面戸瓦、のし瓦2・8段に丸桟伏間、影盛台付跨鬼瓦6寸で構成されています。

鬼瓦の台には波が、鬼瓦は雲が刻まれています。

新調だんじりも懸魚には波、鬼板には雲が彫刻されています。

ちなみに新影盛という鬼瓦には波が刻まれていますが、あえて影盛(雲)を選択しました。

台に波が刻まれていますからね。

雲部分が吹き出している鬼瓦が影盛(かげもり)です。

低い方の長い庇は、大屋根と同じ仕様で瓦葺きが施されており、正面の庇は仕様を変えています。

袖瓦(切落)+桟瓦(切落)、石持萬十軒瓦、2段のし、土居面戸となっています。

だんじり庫屋を眺める角度によって雰囲気を変える為に変化を持たせました。

低い長い庇の下には、新調だんじりやだんじり庫屋新築のご寄付ご芳名板をかける予定です。

では屋内へ。

後梃子の台。移動式です。

2本あるので、床の間の刀のように二段置き飾れるようにしています。

メインの照明は、巨大なダウンシーリング。

7m下の土間までしっかりと照度を確保しております。

提灯などを収納がてらディスプレイ。

3階に上がるタラップは、上(天)に蛇行しているかのような蛇をイメージしてデザインしました。

町内に蛇を祀った神社があり、新調だんじりにも彫刻されている事から、だんじり庫屋にもこっそり取り入れました。

このタラップを登れば、16.5㎡(10帖=ten)の3階があります。

だんじりの蛇の彫刻。

地車庫工事(前編)

2021-06-22

こんにちは。三ツ橋です。

大阪は昨日からまん防に切り替わり、一旦落ち着いた様子ですが。(まん防と言ってはいけませんね。)

当たり前の毎日に感謝しなければいけないなと、改めて気付かされたのは、私だけではないと思います。

さて、地車庫の進捗状況をアップしたいと思います。

みんなで良いものをより安く作ろうというコンセプトのもと、地元で建築関係のお仕事をされている方々を中心にワンチームを結成し、今日まで工事を進めて参りました。

本内容を(前編)と名付けます。

屋根周り。

重厚感を出しながらも、下地にスタイロを使用し超軽量化しております。

破風や軒天廻りは、実物大の模型を作り、厚みや見付幅などを時間をかけて決めました。

蔵のイメージで重厚感を出したかったのと、水仕舞いや劣化などの対策もしっかりしなければなりませんし、納まりという点においても屋根周りにはかなりこだわっています。

私は、設計士として工事が円滑に進むよう現場に行く事が多いです。

私の設計したものが、現場で図面通りに収まっているかどうか。

変な意味でなく、現場のみなさんにご迷惑をかけていないか。

ものすごく気になります。

たかだか倉庫。

ですが、町の宝である新調だんじりを雨、風、災害から守り、末長く後世へと引き継いでいくためには、劣化しにくく強靭な建物でなければいけないと思います。

同時に使い勝手の良さ、意匠の良さなど、町民(施主)から愛される建物である事も建築には大事な共通点なんだと思います。

無事故で竣工しますよう。

地鎮祭

2021-02-28

こんにちは。

全国はもとより、特に関西でも盛んに行われております、だんじり祭。

中でも岸和田は有名だと思います。

今回は、だんじりを格納する倉庫「地車庫」(じぐるまこ)を、新築するに際し、設計をさせて戴きました。

本日、地鎮祭が行われましたので参列させて戴きました。

岸和田型のだんじりは、総欅(けやき)造り。

彫刻も細かく、本体のみで1億円以上します。

さらに装飾品などがあり、備品だけでも数千万円。

それらを次世代へ残していくため、地震などの災害に強い鉄骨造で倉庫を建築します。

滞りなく、且つ無事故で竣工できますよう、氏神様にお祈り致しました。

亥年の年男

2019-01-30

みなさん、どうもこんにちは。

新年あけまして…。もう1月も明日で終わり。

ようやくブログを更新できそうだったので書かせて戴きます。

去年の9月4日に台風21号が大阪を直撃してから早5か月を迎えようというところですね。

被害に遭われた方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

以来、風災修繕工事が殺到していまして未だ複数のお客様には工事中で大変ご迷惑をお掛けしています。

屋根工事,フェンス/カーポート/テラス工事,外壁工事,防水工事…。マンション,戸建て,倉庫に事務所…。

現在に至り、相当数を修繕させて戴きました。

そんな中、修繕工事以外でもいろいろなお話を戴いて、日々慌ただしくお仕事をさせて戴いています。

店舗のデザイン/設計依頼,木造介護施設新築工事にあたり現場管理業務依頼,新築住宅の設計/施工依頼など
こちらもやりがいのあるお仕事ばかりです。

特別有名でも何でもない私にご依頼賜り、お客様には本当に感謝申し上げます。

また、ブログにてアップしていきますので、ちょいちょいcheckして戴ければ幸いでございます。

ちなみに、去年の夏ごろから計画していたホムペの全面リニューアルプロジェクトも台風に吹っ飛ばされて
しまいました。

今年こそは、全面リニューアルできるようにがんばります。

【ご報告】
私事ですが、台風直撃後の修繕工事に追われていたクソ忙しい時期に、一級土木施工管理技士の国家試験を
受験してきました。

平成31年1月16日の合格発表にて合格が確認できました。

有限会社サンケンエンジニヤリングはそのうち一般建設業から特定建設業へランクアップすることでしょう。

次は1級建築士目指してがんばります。いつの日か…。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

1 / 1212345...10...最後 »


大阪府岸和田市の注文住宅・新築・リノベーション|有限会社サンケンエンジニヤリング
有限会社サンケンエンジニヤリング
  公益社団法人大阪府建築士会正会員  大阪府知事許可(般-25)第135626号
本社 〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-40-1303 TEL 06-6241-6678 FAX 06-6241-6679
岸和田営業所 〒596-0832 大阪府岸和田市極楽寺町570 TEL/FAX 072-426-3018

Copyrights © 有限会社サンケンエンジニヤリング All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載
page top